日本スポーツ心理学会 学会の活動 日本スポーツ心理学会 論文投稿 スポーツメンタルトレーニング指導士 日本スポーツ心理学会 更新記録 日本スポーツ心理学会 会員登録変更受付 日本スポーツ心理学会 お問合せ  
 
日本スポーツ心理学会学会の活動論文目次 > 論文(29巻〜29巻)
 
29巻1号(2002年)〜25巻1号(1998年)
29巻1号(2002) 竹之内隆志,田口多恵,奥田愛子 中学・高校運動選手の自我発達を測定する文章完成テスト12項目版の作成 :
信頼性と妥当性の検討 [原著]
Development of the 12-item sentence completion test measuring ego development in junior and senior high sclool athletes :
The reliability and validity
abstractへ
荒井弘和,竹中晃二,岡浩一朗,堤 俊彦 一過性のストレングス・エクササイズが感情に与える影響 : 
サイグリングに伴う経時変化との比較 [原著]
Effects of acute strength exercise on affective responses :
Comparison of change between strength exercise session and cycling session
abstractへ
奥村基生,吉田 茂 大学剣道選手における攻撃動作パターンの知識構造 [原著]
Knowledge structure of offensive action pattern in varsity Kendo players
abstractへ
徳永容美子 スポーツ選手のイメージ想起における感覚モダリティの特徴について [資料]
The characteristics of sensory modalities involved in imaging by athletes
abstractへ
29巻2号(2002) 高見和至,石川国広,石井源信 日常生活における身体活動量の推定
-身体活動レベル評価表の作成- [原著]
Estimating Energy Expenditure in Daily Life:
Developing the Physical Activity Scale
abstractへ
渋倉崇行,森 恭 高校運動部員の部活動ストレッサーに対する
コーピング採用とストレス活動  [原著]
Reiationship between Adopting Stress-coping Strategies Athletic Stressors and Stress Responsesw in High School Athletes
abstractへ
平川武仁,吉田 茂 大学競歩選手の技能水準と制御様相 [原著]
Skill Levels and Control Modalities in Varsity Race Walkers
abstractへ
28巻1号(2001) 樋口貴弘 ストレス条件下の運動学習 :
反応産出フィードバックの処理の促進現象 [原著]
abstractへ
速水敏彦 スポーツの自伝的記憶と動機づけ [原著] abstractへ
鍋谷 照 ,徳永幹雄,楠本恭久 日本語版主観的運動体験尺度の作成とその適用の試み [原著] abstractへ
村上貴聡,徳永幹雄,橋本公雄 スポーツ選手のメンタルヘルス評価尺度の開発 [原著] abstractへ
梶原 慶,武良徹文,松田 俊 アスリート及び非アスリートのパーソナリティー
-パーソナリティー5因子モデルによる探索的調査- [資料]
Reiko Yamauchi,Shin Murakoshi   
The Effect of Rational Emotive Behavior Therapyon
on Female Soft-Tennis Players Experiensing Cognitive Anxiety [実践]
abstractへ
28巻2号(2001) 荒井弘和,竹中晃二,岡 浩一朗 一過性の有酸素運動が感情に与える影響
-運動条件および読書条件における経時変化の比較- [原著]
abstractへ
木島章文,吉田 茂 アメリカンフットボールの守備構造把握による最適突破走路の選択 [原著] abstractへ
朴 寅圭,吉田 茂 超短潜時サッカード誘発のためのファジービジョン方略 [原著] abstractへ
大場ゆかり,徳永幹雄 スポーツ選手の競技引退観検査の作成 [原著 abstractへ
28回大会(2001) 大会報告 特別講演(小谷津孝明):“ピークパフォーマンス不全”のメンタルケアー
-認知心理学および認知臨床心理学の立場から-
シンポジウム: 競技力向上とジェンダー
特別シンポジウム: 国立スポーツ科学センターの設置とスポーツ心理学領域の果たす役割
大会ページへ
27巻1号(2000) 特集:スポーツ心理学研究の課題
工藤和俊
運動制御研究の課題 [総説] abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
筒井清次郎
運動学習研究の課題
-運動学習理論の変遷と理論モデルの考え方- [総説]
abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
鈴木 壯
臨床スポーツ心理学研究の課題
-スポーツ心理学の新たな視点- [総説]
abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
船越正康
メンタルトレーニング研究の課題 [総説] abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
橋本公雄
運動心理学研究の課題   
-メンタルヘルスの改善のための運動処方の確立を目指して- [総説]
abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
三木ひろみ
スポーツ社会心理学研究の課題 [総説] abstractへ
特集:スポーツ心理学研究の課題
伊藤豊彦
動機づけ研究の課題 [総説] abstractへ
27巻2号(2000) 山西正記,武田守弘,大場 渉,坂手照憲 対面条件における個人間協応の学習過程 [原著] abstractへ
磯貝浩久,徳永幹雄,橋本公雄 スポーツにおける個人・社会志向性尺度の作成 [原著] abstractへ
朴 寅圭,吉田 茂 超短潜時サッカード誘発のための視覚刺激要因の検討 [原著] abstractへ
長岡由紀子 内面性を捉える観察事実の提示の仕方について [資料] abstractへ
27回大会(2000) 大会報告 特別講演(笠原一也):21世紀におけるわが国の体育・スポーツを展望する
シンポジウム: スポーツ心理学研究の発想法
大会ページへ
26巻1号(1999) 麓 信義,鎌田安久 サッカーチームにおける選手の相互評価のための一対比較法と順位法の比較[原著 abstractへ
渋倉崇行,小泉昌幸 高校運動部員用ストレス反応尺度の作成[原著] abstractへ
加藤 久,石井源信 中学サッカー選手の日常・競技ストレッサーに関する研究
-その特徴ならびにコミットメントレベルとの関連性について-[原著]
abstractへ
辰巳智則,中込四郎 スポーツ選手における怪我の心理的受容に関する研究
-アスレチック・リハビリテーション行動の観点からみた分析-[資料]
abstractへ
26回大会(1999) 大会報告 特別講演(石井哲夫):障害児者にとっての運動・スポーツについて考える
シンポジウム: スポーツ心理学が障害児者スポーツに寄与しうる可能性を探る
大会ページへ
25巻1号(1998) 藤田 厚 Sport Psychology in Japan :
Development and prospect [総説]
abstractへ
竹中晃二 運動心理学
-その内容とわが国における将来的研究課題- [総説]
abstractへ
中込四郎 「臨床スポーツ心理学」の方法[総説] abstractへ
今中国泰 運動短期記憶における位置-距離相互干渉と意識的-無意識的処理[総説] abstractへ
岡 浩一朗,竹中晃二,松尾直子 大学生アスリートの日常・競技ストレッサー評価がスポーツ外傷・障害の発生におよぼす影響[原著] abstractへ
木島章文,吉田 茂 アメリカンフットボールの選手の習熟差と問題空間[原著] abstractへ
佐々木万丈 体育学習の心理的ストレスに対するコーピング
-中学生の場合- [資料]
abstractへ
〔論文目次に戻る〕
 
 

サイトマップ入会のご案内お問合せ
日本スポーツ心理学会事務局:〒654-0044 兵庫県神戸市須磨区稲葉町7-2-17
Tel. 078-732-2006 / Fax. 078-735-1771
Copyright © Japanese Society of Sport Psychology. All right reserved.